エステティック (フランス語 esthétique) とは、痩身や脱毛、美白を始めとした、全身の美容術を言う。リラクゼーションを兼ねていることが多い。 英語ではエスセティック (aesthetic、アメリカ英語ではestheticとも)。西洋では美学や美意識を意味する言葉である。略語のエスシート (aesthete, esthete) は(しばしば嘲り的に)唯美主義者 (aestheticist, estheticist) を意味する。 日本ではエステと略し、este, esthe, esute などと書くこともあるが、英語・フランス語等ではまずしない略しかたである。 歴史 [編集] 日本国内においては、古くは明治時代より行われていた「美顔術」と呼ばれる女性向けのフェイシャルケアがエステの発端とされる。時代を通じて女性の美の追求は行われていたが、国民所得にゆとりができた1970年代から特に盛んになり、顔に留まらず、全身按摩、脱毛など様々な行為と同時に、美容に留まらず慰安も提供するエステティックという言葉が広がったと考えられる。 * 1996年 日本エステティック協会、日本エステティック業協会の2団体による日本エステティック連合が発足(その後、日本エステティック工業会などを加え計8団体となる)。 * 1999年 日本エステティック連合による美容電気脱毛技能検定試験がスタート。 * 2002年 日本標準産業分類に登録。 * 2003年 NPO法人日本エステティック機構が設立。 * 2007年 日本エステティック連合が解散。 * 2007年 日本エステティック協会、日本エステティック業協会、有限責任中間法人 日本エステティック工業会の3団体で日本エステティック振興協議会が設立。 クーリングオフ [編集] 高額のクレジット契約を結んで会員になったにも関わらず、倒産によりサービスが提供されなかったが、クレジット会社は別であるために支払いのみは要求された、あるいは何の訓練も受けていない素人同然のエステティシャンにより施されたサービスで身体に不調が出たなど、サービスや支払いを巡ってトラブルになることも多く、エステティックは特定商取引法の特定継続的役務提供指定役務とされており、クーリングオフが認められている。